TA\-DA5400ES(画像クリックで拡大)

SCD\-XA5400ES(画像クリックで拡大)

 ソニーは、ブルーレイディスクに収録されるロスレス圧縮音声を高音質で再生できる独自技術を搭載したAVアンプ3製品を2008年11月20日発売する。HDMI入力6系統、出力2系統などを備えた上位機種「TA-DA5400ES」は希望小売価格26万2500円。また、同入力4系統、出力1系統などの「TA-DA3400ES」は13万6500円、「STR-DG820」は8万4000円。

 いずれも、新開発の「第2世代 低ジッタ型ロスレスデコードエンジン」を搭載。「ドルビーTrueHD」や「DTS-HDマスターオーディオ」など、ブルーレイディスクに収録されているロスレス圧縮音声をデコードする際に発生するジッター(揺らぎ)を低減し、高音質で再生する。ロスレス圧縮音声は、原理的には無圧縮のリニアPCMと同じ音質とされているが、デコード時に発生する電気ノイズが大きいため音質に有害なジッターが発生しやすかった。

 上位機種「TA-DA5400ES」は、帯域を従来比7%拡大した“第3世代 広帯域パワーアンプ”を採用した。リニアPCMや従来の圧縮音声を用いるDVDに有効な「ジッタ・エリミネーション回路」、古い録音のCDなどに残る可聴帯域外ノイズを除去する「デジタル・レガート・リニア」を搭載。ブルーレイだけでなく、CD/DVDも高音質で楽しめる。

 また、HDMI接続によってアンプ側からSACD/CDプレーヤーをフロー制御する「H.A.T.S.(High quality digital Audio Transfer System)for HDMI」を搭載。フォーカスや純度感、音場感が改善し、低音の力強さも加わって音楽再生品質が向上するという。このほか、ビデオ映像のフルHDアップスケーリング機能や、わかりやすいGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)などを備える。

 中位機種「TA-DA3400ES」は、2007年モデルと同じ“第2世代 広帯域パワーアンプ”を採用。ジッタ・エリミネーション回路やデジタル・レガート・リニア、H.A.T.S. for HDMIの各機能は省いた。下位機種「STR-DG820」は、フルHDアップスケーリング機能などが非搭載の基本機能のみとした。

 あわせて、H.A.T.S. for HDMI対応のSACD/CDプレーヤー「SCD-XA5400ES」を10月20日発売する。TA-DA5400ESと組み合わせて使うことで、より高音質再生が可能。また、パソコンでリニアPCM録音したDSDディスクの再生にも対応する。希望小売価格は17万6400円。

(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・ソニーのWebサイト http://www.sony.co.jp/