小学館の「週刊少年サンデー」と講談社の「週刊少年マガジン」の創刊50周年記念、「もっと野球をみたい! 読みたい! まんが野球応援団」開設(画像クリックで拡大)

 楽天とヤフーは7月31日、野球漫画のキャンペーンサイトを共同開設した。小学館の「週刊少年サンデー」と講談社の「週刊少年マガジン」の創刊50周年を記念して、「もっと野球をみたい! 読みたい! まんが野球応援団」という名称で、両社のWebサイト(http://sunmaga.yahoo.co.jp/http://sunmaga.rakuten.co.jp/)に10月17日まで公開する。

 「タッチ」や「巨人の星」など、両誌が過去に連載、もしくは現在連載している人気作品から16作品を紹介する。初掲載時の表紙やグラビアなどを紹介する「お宝ギャラリー」や「ベストシーン投票」などのコーナーも用意する。

 人気漫画作家のサイン入りアイテムを「Yahoo!オークション チャリティーオークション」と「楽天オークション チャリティーオークション」に交互に出品し、収益金は「岩手・宮城内陸地震義援金」に寄付する。

 楽天イーグルスとソフトバンクホークスの全試合を生中継で配信するほか、キャッチボールの基本を、楽天イーグルス少年野球教室のコーチが解説した動画を用意する。また、クリネックススタジアム宮城と、福岡Yahoo! Japanドームで開催されるイベント情報も掲載する。

 両社はグループ会社にプロ野球チームを持っており、野球の楽しさを伝える企画を通じて、若年層の野球離れを防ぎたいとしている。

■関連情報
・楽天のWebサイト http://www.rakuten.co.jp/
・ヤフーのWebサイト http://www.yahoo.co.jp/