「水出し珈琲ポット」(画像クリックで拡大)

 ハリオグラス(本社:東京都中央区)は2008年7月29日、簡単に水出しコーヒーを作ることができる「水出し珈琲ポット」に、高級感ある新デザインの「水出し珈琲ポット・グランデ」を追加したと発表した。希望小売価格は、容量1000ml(8杯専用)が4200円、600ml(5杯専用)が3675円。販売中。

 コーヒー豆の粉をストレーナーに入れ、水を注いで冷蔵庫で8時間程度寝かせるだけで水出しコーヒーができる。水でじっくり抽出するため、余分な脂肪分が溶け出さず、渋味や雑味のないまろやかなコーヒーに仕上がるという。水出しコーヒーは本来、冷水を1滴ずつ点滴する大掛かりな装置が必要で、家庭では手軽に楽しめなかった。

 グランデは、耐熱ガラスに金属製のハンドルやフタを組み合わせたスタイリッシュなデザインを採用。モダンなキッチンや、美しくテーブルセッティングされた食卓にも合うようにした。また、使いやすさも重視し、取っ手は握りやすく、冷蔵庫に入れたときもじゃまにならないという。

 本体寸法は、8杯用が幅145×奥行き94×高さ289mm、口径88mm。5杯用が幅145×奥行き94×高さ205mm、口径88mm。なお、従来製品も併売する。

(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・ハリオグラスのWebサイト http://www.hario.com/