「E\-COREシリーズ」直付タイプと和風タイプ(画像クリックで拡大)

 東芝ライテック(本社:東京都品川区)は、省エネ・長寿命のLED(発光ダイオード)ダウンライト「E-COREシリーズ」に、「直付タイプ」と「和風タイプ」を追加して、2008年8月1日から順次発売する。

 直付タイプは天井裏の高さがとれず、埋め込み照明ができない場所でも使えるシーリングダウンライト。屋内用だけでなく、軒下などでも使用できるよう化粧枠や端子台結合部にパッキンを設けたタイプなど4機種をラインアップした。消費電力7.1W。希望小売価格は3万9900円~4万7250円。

 和風タイプは、日本間などにマッチする和風ダウンライト。平均演色評価数(Ra)92で、人、物、食品などの色を、より自然に見せる。化粧枠に天然木を使用したデザインで、飲食店や旅館など雰囲気を重視する空間向き。消費電力7.1W。2機種で希望小売価格は各3万2550円。9月1日発売。

 東芝ライテックは2010年度中をめどに一般白熱電球の製造を打ち切ることを決定しており、電球形蛍光ランプやLED照明などの省エネ製品への置き換えを進めている。販売目標は全機種合計で年間4000台。

(文/平城奈緒里=Infostand)

■関連情報
・東芝ライテックのWebサイト http://www.tlt.co.jp/tlt/index_j.htm