サービス開始1年でユーザー数200万人、販売タイトル1000タイトルを計画しているという(画像クリックで拡大)

 am3は、小説やコミックなどをニンテンドーDS上で楽しむことができるコンテンツ配信サービス「DSvision」を2008年7月3日より開始した。

 「DSvision」はam3が任天堂の正式許諾を受けて行うサービスで、ニンテンドーDS向けに出版、映像、教育などのコンテンツの提供を行う。

 コンテンツの入手はPCで公式Webサイトよりダウンロード購入する方式を採用している。そのデータを専用のmicroSDカードに書き込んで、ニンテンドーDSで使用することで小説やコミックなどを楽しむことができる。1コンテンツあたりの値段は100~1000円程度を予定している。

 サービスを受けるための「DSvision スターターキット」はサービス開始と同時に発売されている。内容物は専用アダプタ、専用microSD(512MB)、USBリーダーライターで、希望小売価格は3980円。

 現在の配信コンテンツは「小説」、「コミック」、「映画・アニメなどの動画」の3ジャンル。小説では「新潮文庫DSセレクション」と銘打って、山崎豊子『華麗なる一族』をはじめとする新潮文庫歴代の人気作品を配信する予定となっている。また、コミックでは週刊少年チャンピオンで現在連載中の『クローバー』など18タイトルのお試し版を無料配信している。

(文/エスティフ)

■関連情報
・「DSvision」のWebサイト http://www.dsvision.jp/
・am3のWebサイト http://www.am3.co.jp/