ペンギンの抱卵やふ化したひなを育てている様子もみれるかもしれない!(画像クリックで拡大)

 近畿日本ツーリストは2008年6月27日、大型クルーズ客船「ディスカバリー号」で南極半島とその周辺に点在する島々を訪問するツアー「南極半島クルーズ」を発表した。12月17日出発の16日間と、2009年1月11日出発の14日間の2コースで実施する。成田空港発着で料金は1人160万円から。既に販売中。

 南米まで飛び、ディスカバリー号に乗船。南極海を航海して、南極半島に上陸するほか、周辺の島にエンジン付きゴムボートに乗り換えて接近または上陸する。ペンギンの抱卵やふ化したひなを育てている様子、アザラシやアホウドリなどの海獣、海鳥たちの様子を間近に見られるという。クルーズ中に少なくとも2回の上陸を試みる予定(天候により変更の可能性あり)。

 ディスカバリー号は2万トン超で、耐氷性能を備えたクルーズ船としては世界最大級という。南極経験豊かなクルーが乗り込むほか、生物学者やジャーナリストを招いて南極に関するレクチャーも行う。また、シアターやダンス、音楽生演奏などクルーズならではのプログラムを楽しめる。

 乗船はアルゼンチンのウィシュアイア港、下船はチリのプンタアナレス港。クルーズ期間は、16日間コースが延べ11日間、14日間コースが延べ9日間。最小催行人員は各6人。16日間コースは南極観測基地も訪問する。

(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・近畿日本ツーリストのWebサイト http://www.knt.co.jp/