「Cococino(ココチーノ) Lクラス」

「Cococino(ココチーノ) Sクラス」

 松下電工は、汚れをはじく新素材「有機ガラス系」の人造大理石浴槽を標準装備したバスルーム「Cococino(ココチーノ)」を9月1日より発売する。新素材には撥水と撥油成分が配合されているため、掃除と手入れを簡単に行える。普及価格帯のSクラスと、中・高級価格帯のLクラスを用意し、1年間で合計約5万台の発売を目指す。

 有機ガラス系素材は、清潔感、耐久性、肌触りに配慮した新素材。同社の全自動おそうじトイレ「アラウーノ」や洗面化粧台「ウツクシーズ」などでも採用している。水垢の原因となる水や油分をはじくので、汚れが付きにくく、付着しても簡単に洗い落せる。表面硬度は一般の掃除用ブラシよりも固いのでキズが付きにくく、長期間滑らかな質感を維持できる。

 床には、汚れがたまりにくい幅広目地を採用し、水アカをこびりつきにくくするフッ素系新素材層を用いた。排水口も清潔に保てるように、フッ素系特殊コーティングを施した。

 浴槽以外では、外光を大きく取り込める「浴室スクリーン窓」や、浴室からデッキや中庭に出ることができる「テラスドア」などを開口部材としてそろえる。また2008年12月からは、全面ガラス張りの「ライトインドア」も提供する。いずれも開放感があり、露天風呂のような雰囲気を演出する。

 Lクラスでは、高濃度の酸素を含んだミクロの泡を噴出する「酸素美泡湯」や、換気・乾燥・防カビ機能を持つ「ナノイー暖房換気乾燥機」などもオプションとして用意する。

 1216サイズ(0.75坪)の参考価格はSクラスが69万9000円から、Lクラスが103万2000円から(いずれも税込み・工事費は別)。

■関連情報
・松下電工のWebサイト http://www.mew.co.jp/