「10分天気予報」(画像クリックで拡大)

 気象予報会社のウェザーニューズは6月26日、10分単位で局地的な降雨予測を配信する無料サービス「10分天気予報」を始めた。携帯電話向けWebサイト(http://wni.jp)で、GPS機能などをもとに利用者の現在位置を特定。1時間先までの降雨状況を10分刻みで予測し、「雨ナシ」「ポツポツ」「パラパラ」「サー」「ザー」「ゴーッ」の6段階で表示する。また地図上に10分後の降雨の有無、強さを色分けして表示する。

 短時間、局地的な降雨の予測で必要となる、気象レーダーではとらえきれない雨雲の動きを、利用者が目で観測した情報で補う。そのため降雨予測を表示する前に、利用者に現在位置の天気を投稿するよう求める。

 同社が運営するサイトのほかケーブルテレビ放送、BSデジタル放送などで参加を呼びかけ、利用者を増やして精度を高める予定。

 サービス対象は、GPS機能を備えるNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの携帯電話利用者、またはNTTドコモの基地局をもとに現在位置を特定する「iエリア」機能を備える携帯電話の利用者。

■関連情報
・ウェザーニューズのWebサイト http://weathernews.com/jp/c/