「HT1100」

 NTTドコモは、“Windowsケータイ”「HT1100」(HTC製)を2008年6月12日発売する。マイクロソフトのモバイル端末向け最新OS「Windows Mobile 6 Professional」を搭載したスマートフォン。価格はオープンで、バリューコースは24回払いで月額2065円。

 スライド式テンキーを採用し、携帯電話と同じ感覚でキー操作ができる。また、タッチパネル液晶で画面上で指をスライドさせるだけでメニューの呼び出しや、アプリケーションの起動もできる新感覚ユーザーインタフェース「TouchFLO」を搭載した。

 下り最大3.6MbpsのFOMAハイスピード(HSDPA)のほか3G、GSM機能も備え、世界160カ国・地域で利用可能な国際ローミングサービス「WORLD WING」にも対応した。また、Bluetooth機能で、ハンズフリー通話やデータ交換もできる。

 2.6型QVGA(240×320ドット)液晶と、約200万画素CMOSカメラ、microSDスロットを搭載。アプリはフルブラウザー「Internet Explorer Mobile」、メール「Outlook Mobile」、オフィスソフト「Office Mobile」などを内蔵。連続待受時間は約285時間(静止時)、連続通話時間は約170分。本体サイズは高さ107×幅55×厚さ18.2mm、重さは約128g。

(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・NTTドコモのWebサイト http://www.nttdocomo.co.jp/