リコーは2008年5月12日、動画、画像、文書などのファイルをアップロードして、共有できるオンラインストレージサービス「quanp(クオンプ)」の提供を開始した。コンシューマー向けWebサービス事業への本格参入となる。月額利用料は、容量1GBまでの「Trial」コースが無料。10GBまでの「Standard」が300円。100GBまでの「Quantum」は980円。

 ダウンロード提供する専用クライアントソフト「quanp.on」(対応OSはWindows XP SP2以上/Windows Vista)を使用して、ファイルをアップロードする。操作は、ファイルをドラッグ&ドロップするだけででき、タグやコメントを付けて分類することも可能。

 アップロードしたファイルはサムネイルで表示され、視覚的にファイルの内容を把握できる。画像ファイルやPDFファイルは、クライアント上で拡大してプレビューすることも可能。また指定したフォルダを監視し、更新されたファイルを自動アップロードすることもできる。

 「Quantum」と「Standard」のユーザーは、ファイル共有スペース「シェアプレイス」を開設できる。「シェアプレイス」のオーナーとしてユーザーを招待し、ファイルを共有し合える。ファイルに対し、「編集者」や「読者」のアクセス権設定もできる。「Quantum」では、電話サポートも提供する。

(文/宇高舞美=Infostand)

■関連情報
・「quanp」のWebサイト http://www.quanp.com
・リコーのWebサイト http://www.ricoh.co.jp/