SELPHY CP770(画像クリックで拡大)

SELPHY CP760(画像クリックで拡大)

 キヤノンは、デジタルカメラや携帯電話などから直接印刷できる写真用プリンター「SELPHY CP760」を5月15日、「同CP770」を6月中旬から販売すると発表した。価格はいずれもオープン。

 デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、携帯電話で撮影した写真を、パソコンを使うことなくUSB、各種メモリーカード、赤外線インタフェース(IrDA)経由で印刷できる昇華型熱転写方式の小型フォトプリンター。印刷解像度は最高300×300dpi。ダイレクトプリント標準規格「PictBridge」とプリント指定フォーマット「DPOF」に対応しており、デジタルカメラ側であらかじめ印刷を指定しておける。別売オプションでBluetoothにも対応する。CP770は、高速赤外線通信規格IrSimpleでの通信も可能。

 SELPHY CP770の対象ユーザーは、小さな子どもを持つ母親。オレンジ色の丸みを帯びたボディを採用し、親しみやすい印象に仕上げた。バッテリー駆動による印刷が可能なうえ、付属のバスケット(収納ケース)にプリンター本体と付属品を入れて持ち運べるので、屋外など使う場所を選ばない。液晶モニターのサイズは2.5型。大きさは幅248.0×奥行き156.4×高さ77.3mm、重さは約1060g。

 SELPHY CP760は、2007年6月に発売した「SELPHY CP740」の後継モデル(関連記事)。CP740で2.0型だった液晶モニターを2.5型に広げた。大きさは幅180.0×奥行き126.7×高さ73.1mm、重さは約900g。

 いずれも、SELPHY CPシリーズとして初めて日本語メニュー表示を採用し、操作性を改善した。画像内にある人物の顔に適した明るさとコントラストを自動的に選ぶ「自動写真補正」機能を搭載しており、逆光下の人物でも見やすくプリントできる。フラッシュ撮影時の赤目を補正する機能も備える。

 印刷処理の最終段階で表面にラミネート加工を施すことで、水滴や指紋による色にじみを防ぎ、紫外線やガスなどによる色あせから写真を保護する。アルバムに入れておくと100年間の保存が可能という。対応用紙は、Lサイズ(89.0×119.0mm)、ポストカードサイズ(100.0×148.0mm)、カードサイズ(54.0×86.0mm)、ワイドサイズ(100.0×200.0mm)。

 月産台数は、SELPHY CP770が2万台、CP760が12万台の予定。

■関連情報
・キヤノンのWebサイト http://www.canon.co.jp/