「ニコ割」をさらに拡大。視聴画面をフルに使い豊かな表現が可能に(画像クリックで拡大)

 ニワンゴ(本社:東京都中央区)は2008年4月18日、「ニコニコ動画(SP1)」で、全ユーザーにリアルタイムで情報伝達する「ニコニコ割り込み」(ニコ割)の配信枠を拡大すると発表した。新たに毎日29時(午前5時)のアニメ専門枠を設け、関連スポンサーの広告を帯で配信する。

 「ニコ割」は、一定の時刻にニコニコ動画にアクセスして動画を視聴している全ユーザーに、動画のリアルタイム情報を同時に伝達するシステム。現在、毎日19時、24時、26時に、時報とともに広告を配信。これまでに映画や米などのCMを流している。

 新設する29時枠は、内容をアニメ関連に絞った「深夜アニメ枠」で、時報とスポンサーの広告、アニメ関連情報の番組とで構成。通常の「ニコ割」が動画視聴画面上の枠を使うのに対して、視聴画面をフルに使用して大きな動画で配信する。

 第1回は4月19日午前5時で、フィギュア企画・製造・販売のグッドスマイルカンパニー(本社:千葉県松戸市)がスポンサー。コンテンツ・広告制作は、CELL(本社:東京都千代田区)。

(文/三好 豊=Infostand)

■関連情報
・ニワンゴのWebサイト http://niwango.jp/

・ニコニコ動画(SP1) http://www.nicovideo.jp/