通信端末「WILLCOM D4」(画像クリックで拡大)

 ウィルコム、シャープ、マイクロソフト、インテルの4社は2008年4月14日、Windows Vistaとインテル「Centrino Atomプロセッサー・テクノロジー」を採用した通信端末「WILLCOM D4」を開発したと発表した。Web、メール端末として使えるほか、付属のヘッドセットや別売Bluetoothハンドセットで音声通話もできる。6月中旬に発売する予定。

 タッチパネル付き5型ワイドTFT液晶(1024×600ドット)とQWERTYキーボードを搭載したスリムなデザインの端末。3WAYスタイルを採用。閉じた状態の「Viewスタイル」、スライドさせてキーボードを出した「Inputスタイル」、画面をチルトしてノートパソコンのように操作できる「Deskスタイル」の3形態に変化。オフィスやモバイルなど利用シーンに合わせて使える。

 Windows Vista Home Premium SP1で動作し、通話機能もWindows上で提供するが、OSが休止・スリープ状態でも自動的にメールを受信したり、遠隔からのリモートロックが可能。ネット接続はPHS(W-OAM対応W-SIM)回線のほか、無線LAN、専用クレードル(別売)を使った有線LAN、Bluetoothが利用できる。

 CPUはAtom Z520(1.33GHz)で、メインメモリー1GB、HDDは40GB、microSDカードスロットを備える。オフィススイート「Microsoft Office Personal 2007 with Microsoft Office PowerPoint 2007」をプリインストールしてある。本体寸法は縦84×幅192.3×厚さ25.9mm、重さは約470g(目標値)。有効198万画素のCMOSカメラ、ワンセグチューナーも搭載する。

 バッテリー駆動時間や連続待機時間は現在測定中で、測定でき次第公表する。ウィルコムストアでの新規購入価格は12万8600円。2年契約で割引を受けられる「W-VALUE SELECT」を利用した場合、3万8400円の割り引きが適用され、実質負担額が9万200円となる。

(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・ウィルコムのWebサイト http://www.willcom-inc.com/
・シャープのWebサイト http://www.sharp.co.jp/
・マイクロソフトのWebサイト http://www.microsoft.com/japan/
・インテルのWebサイト http://www.intel.co.jp/