メディビック(本社:東京都港区)は2008年4月8日、顧客のDNAから体質を特定し、病気のなりやすさのリスクを予測する「DNAプライベートバンク」を5月から開始すると発表した。提携クリニックを通じて検査を実施し、検査結果を基にしたアドバイスを長期間にわたって提供するという。

 同社は、遺伝子に起因する体質の違いに合わせて薬や治療法を選ぶ「テーラーメイド医療」を提唱。これまで大手製薬会社向けに、遺伝子情報と薬剤の有効性や副作用を予測する技術などを提供してきた。DNAプライベートバンクは、法人向けに蓄積してきたデータを統合し、個人向けに提供する。

 体質を把握することで、将来の病気や健康状態を予測し、効果的な予防や健康管理が可能になるという。人間ドックなどの一般検査結果と合わせて、クリニックで的確な助言を受けられる。また、製薬会社向け高水準匿名化システムや、医薬品開発基準のGLPに準拠した検体ハンドリング、医薬品開発と同等の検体保管などによって、厳重な個人情報保護を実現した。

 サービス料金体系などの詳細は策定中だが、当初は富裕層向けとなる見込み。将来的には、コストを軽減して一般向けに広く普及させることを目指すという。

(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・「DNAプライベートバンク」のWebサイト http://www.dna-pb.jp/
・メディビックグループのWebサイト http://www.medibic.com/