「引き締った味カテキン緑茶」(画像クリックで拡大)

 伊藤園は、コレステロールを低下させる特定保健用食品の茶系飲料「引き締った味カテキン緑茶」を2008年3月24日発売する。350mlペットボトルで、希望小売価格は168円。

 緑茶の主要成分であるカテキンのうち、体内のコレステロール値を引き下げる作用がある「ガレート型カテキン」の比率が90%と高いのが特徴。通常の緑茶飲料の約2.5倍に相当する。特に悪玉とされる「LDLコレステロール値」を低下させる作用があるという。

 同社の研究によると、同製品1日2本を食事に合わせて継続して飲んだところ、コレステロール値の低下が確認できたという。2007年9月、茶系飲料では業界で初めてコレステロールを低下させる特定保健用食品として認められた。1日当たりの摂取目安量は2本で、食事の時に飲むよう推奨している。

(文/宇高舞美=Infostand)

■関連情報
・伊藤園のWebサイト http://www.itoen.co.jp/