Teleglass(テレグラス)T3-A(画像クリックで拡大)

 デジタル顕微鏡などの光学分析機器を開発するスカラは、メガネに装着して映像を見られる小型ウェアラブルモニターの新製品「Teleglass(テレグラス)T3-A」を発売する。ビジネス用途向けの前モデル「T3-F」(10万2900円)を改良し、消費者向けに販売する。

 メガネの片側に本体とモニター部分を装着する単眼タイプで、本体とメガネをつなげるアタッチメント「メガネキャッチャー」で、手持ちのメガネに装着できる。価格は2万9400円。目標販売数は3000台。

 モニター部分は約23万画素のLCDを採用。2メートル先に28インチ相当の画面があるように見え、映画の字幕も読める。ビデオ信号を送信できる機器であればアップルの「iPod」や、3G携帯電話、ポータブルDVD再生機器などの携帯機器と接続して楽しめる。

 電源は単3電池2本で約4時間再生可能。本体は35グラムと軽量で、ピント調節もできるため長時間の装着でも疲れにくい。小型ディスプレー部分が電動で移動し、手元のコントローラーでセットオン/オフを制御できる。

 同社では2月27日-3月7日の期間、東京都新宿区の本社で製品を体験できる「近未来体験教室」を開催する(平日午後2時―午後4時)。

■関連情報
・スカラのWebサイト http://www.scalar.co.jp