ポータブルメディアプレーヤー「gigabeat(ギガビート)T802」(8GBフラッシュメモリー内蔵)(画像クリックで拡大)

 東芝は、公衆無線LANに対応して、パソコンなしで動画配信サービスを視聴できるポータブルメディアプレーヤー「gigabeat(ギガビート)T802」(8GBフラッシュメモリー内蔵)を2008年2月15日発売する。駅や空港、ファストフード店など延べ約1万9000カ所以上で利用できる。価格はオープン。

 2.4型QVGA(320×240ドット)カラー液晶と8GBフラッシュメモリーを搭載したメディアプレーヤー。IEEE802.11b/g無線LAN機能を内蔵して、バッファローの無線LAN設定機能「AOSS」による簡単セットアップもできる。WMA/MP3/WAV音楽やWMV動画、JPEG静止画の再生が可能。また、従来機種「T401」にもT802と同等の機能を追加するファームウエアバージョンアップを2月7日から提供する。

 対応公衆無線LANサービスは、ソフトバンクテレコムの「BBモバイルポイント」、NTTコミュニケーションズの「ホットスポット」、NTTドコモの「Mzone」「mopera U」、FREESPOT協議会の「FREESPOT」など。利用には各社との接続契約が必要。

 発売に合わせて、無料ブロードバンド放送「GyaO」を視聴できる「GyaO for gigabeat体験キャンペーン」を8月7日まで、BBモバイルポイントを3カ月間無料利用できる「BBモバイルポイント体験キャンペーン」を5月7日まで実施する。

(文/鴨沢浅葱=Infostand)

■関連情報
・東芝のWebサイト http://www.toshiba.co.jp/