カカクコムが行ったアンケート調査によると、現在25.0%の人が「Wii」を所有しており、普及率はいわゆる次世代ゲーム機中トップだった。「ニンテンドーDS」が24.3%でこれに次いだ。以下「プレイステーション3(PS3)」が10.1%、「プレイステーション・ポータブル(PSP)」は10.0%、「Xbox360」は3.0%となった。

 過去半年間で最もよく遊んでいるゲーム機について聞くと、ニンテンドーDSという回答が54.5%で圧倒的に多かった。Wiiは19.2%で2位。これにPSPが12.8%、PS3が9.9%、Xbox360が3.6%と続いた。

 過去半年間で遊ばなくなったゲーム機はPSPが55.8%でトップ。理由は「やりたいゲームソフトの種類が少ないから」が60%超だった。カカクコムでは、ニンテンドーDSに取って代わられた面が大きいと見ている。以下Xbox360が32.4%、ニンテンドーDSが31.2%となった。ニンテンドーDSを遊ばなくなった理由は「遊ぶ時間がなくなったから」が40%弱で最も多かった。

 ゲーム機の満足度を項目別にみると、据え置きゲーム機3機種ではPS3とXbox 360がほぼ同じ傾向を示し、グラフィック性能、ネットワーク機能の満足度が高かった。双方を比べるとPS3はグラフィック性能の満足度がやや高く、Xbox360はネットワーク機能の満足度でやや勝った。Xbox360は「ゲームソフトの面白さ」の評価もほかの2機種を大きく上回った。Wiiはグラフィック性能を中心に各項目で満足度が低い傾向にある。

 携帯ゲーム機2機種ではPSPがニンテンドーDSを全体に上回った。特にグラフィック性能で大きな差が出た。なお携帯ゲーム機は全体に据え置きゲーム機より満足度が高かった。

 今後欲しいゲーム機はWiiが27.9%、PS3が26.9%。PS3は2007年末の廉価モデル発売やソフトの充実に伴い人気が上がっている。ニンテンドーDSは8.4%、PSPは6.6%、Xbox360は3.7%だった。

 この調査は2007年12月25日―2008年1月7日の期間、インターネット上で実施した。有効回答数は3422。性別の内訳は男性84.6% 女性15.4%。

■関連情報
・カカクコムのWebサイト http://kakaku.com/