「ALPSLAB 白地図」(画像クリックで拡大)

 アルプス社は、日本地図を塗り分けて、統計データを見やすく表示できるWebサイト「ALPSLAB 白地図」を公開した。人口の違いをもとに都道府県を色分けするなど、小学生が社会科の授業で使う白地図のように利用できる。アルプス社の研究開発の一環として提供する。

 アルプス社が用意した東京23区の人口データや、都道府県別の人口増減、日本の将来人口といった統計データを適当に選ぶと、自動的に白地図を塗り分ける。赤系統や青系統といった色の指定も行える。また何らかの統計データが手元にあれば、自由に入力して地図を塗り分けられる。いったん塗り分けた地図は、そのまま画像ファイルとして保存可能。

 アルプス社は、ほかのWebサイトが白地図を応用して新たなサービスを開発するための機能を提供する。応用の一例として、姓名を入力すると、幸運が訪れる場所を白地図上に色つきで表示する占いコンテンツを公開している。今後は白地図をブログに張り付けられるようにするほか、より使いやすくなるように画面を改良する予定。

■関連情報
・アルプス社のWebサイト http://www.alpsmap.co.jp/