小田急百貨店(本社:東京都新宿区)は2007年10月29日、基幹店舗である新宿店の全面改装計画を発表した。新宿店を中核施設として、駅西口から南口に連なる同グループの商業施設を「新宿テラスシティ」として一体化。有機的連携を強化してスケールメリットを生かす。11月から改装に着手し、2009年秋にオープンの予定。

 戦略顧客には「上昇志向を持って働く女性」を設定。新宿地区で働く女性や、移動で新宿駅を利用する女性を顧客として取り込むため、商品政策、サービス、店舗環境の見直しを図る。具体的には、4階と6階を結ぶエスカレーターを増設し、垂直導線を強化して全館的な回遊性・買い回り性を改善する。総投資額は約85億円。2006年度の新宿店売上高は1137億円だったが、改装後の売上目標は、2012年度で1220億円を目指す。

 新宿地区では同業他店の改装やファッションビルの台頭がある。小田急新宿店でも、2003年3月の本館地下食品売場増床を皮切りに、2006年4月には本館1階ラグジュアリーフロアの再構築、同年11月には本館12階レストランフロアの全面改装を実施してきた。

(文/平城奈緒里=Infostand)

■関連情報
小田急百貨店のWebサイト http://www.odakyu-dept.co.jp/