米Nielsen//NetRatingsが米国時間5月11日、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上位10サイトの利用状況に関する調査結果を発表した。それによると、2006年4月におけるSNSの利用者数は6880万人に達し、昨年の4680万人から47%増加した。アクティブ・インターネット・ユーザーの45%がSNSを利用していることになる。

 ランキング1位の「MySpace.com」はユニーク・ビジター数が3840万人で、昨年の820万人から367%急成長した。2位は「Blogger.com」で、昨年より80%多い1850万人のユニーク・ビジターを獲得した。3位は「Classmates Online」で、ユニーク・ビジター数は10%増の1290万人。以下、4位が新興の「YouTube」、5位が老舗の「MSN Groups」で、ユニーク・ビジター数はそれぞれ1250万人(比較データ無し)と1060万人(前年同月比14%減)。

 前月からの継続利用率をみると、こちらもMySpace.comが最も高く67%。2位がMSN Groupsで58%、3位が「Facebook」の52%だった。以下、「Xanga.com」(49%)、「MSN Spaces」(47%)と続く。

 Nielsen//NetRatingsのメディア部門担当シニア・ディレクタのJon Gibs氏は、「いまや、SNSはインターネット界のテレビになっている。比較的少ない費用でコンテンツを制作できるのが特徴だ。SNSは一時的なブームではない。今後はより一層浸透し、主流のサービスになっていくだろう」と述べた。「ただし、『ソーシャル・ネットワーキング』という売りだけでは不十分だ。競争が激化しつつある同市場では、各サイトとも、明確な独自性のあるコンテンツを提供していかなければならない」(同氏)

●2006年4月におけるSNSトップ10サイトのユニーク・ビジター数(単位:1000人)
サイト名2005年4月 2006年4月増加率(%)
MySpace8,210 38,359367
Blogger10,301 18,50880
Classmates Online11,672 12,86510
YouTube 12,505
MSN Groups12,352 10,570-14
AOL Hometown11,236 9,590-15
Yahoo! Groups8,262 9,16511
MSN Spaces1,857 7,165286
Six Apart TypePad5,065 6,71132
Xanga.com5,202 6,63127
出典:Nielsen//NetRatings社(2006年5月)

●2006年4月におけるSNSブランドの継続利用率
ブランド名前月からの継続利用率(%)
MySpace67.04
MSN Groups57.62
Facebook51.73
Xanga.com48.92
MSN Spaces47.33
出典:Nielsen//NetRatings社(2006年5月)

[発表資料へ(PDF)]