「富士丸探検隊」の続きの始まりとしてスタートした「続・富士丸探検隊」。ペットを巡る問題で2回にわたって対談した“富士丸父ちゃん”穴澤賢さんが、今回は実際に里親活動を実践されている現場を訪れました。いまだ心ない人によって多くのどうぶつたちが捨てられて行く中、私たち一人ひとりに何ができるのか。「保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会」に参加され、個人宅で保護犬の一時預かりをしている板谷夫妻にお話をお伺いしてきました。

 第1回第2回から少し間の空いてしまったこの「続・富士丸探検隊」ですが、今回は実際に里親募集の活動をされている方たちを訪ねてみることにしました。それも、団体ではなく出来るだけ個人にスポットを当てて。というのも、活動自体は団体を通じて行っているとしても、そこには必ず個人個人の考えというものがあるはずで、そうした話を聞いてみたいと思ったからです。というわけで、取材を快諾してくれた数件のお宅を訪問してきました。そこには単純に犬と戯れたい、という個人的な思いもあったんですが。

(画像クリックで拡大)