「『犬と猫と人間と』の飯田基晴監督にインタビューしてみたいんですが」。穴澤さんからお話をいただいたのは、9月最後の探検隊取材時のこと。映画は現在の日本の犬や猫と人間との関係を静かに見つめるドキュメンタリー。ペットを家族として大切にする人たちがいる一方で、“飼いきれなく”なって捨ててしまう人たち。この映画はそんなゆがんだ現状を、とてもフラットな視線で捉えている作品です。穴澤さん自身、ペットが簡単に捨てられてしまう現状を憂い、「買う」以外の選択肢について、著書の中でも繰り返し書いてこられました。そこで、「富士丸探検隊」では、「ひとりと一匹」の一つの大切なテーマとして、2人の対談を行うことにしました。

 当初、10月10日の封切前に、記事を公開する予定でしたが、急遽予定を変更しなければならなくなりました。しかしながら、こんなときだけれど、こんなときだからこそ、この企画をやり遂げたいという穴澤さんの強い熱意から、飯田監督のご厚意をいただき、この対談が実現しました。

 対談が行われたのは10月14日。2人のお話から、ペットについて、犬や猫との暮らしについて、もう一度多くの人たちが考えていただくきっかけになればと思います。そして、この企画を「富士丸探検隊」の続きの始まりとして、お届けしたいと思います。

(L-Cruise編集部)

(インタビュー&まとめ/穴澤 賢 写真/広路和夫)

(画像クリックで拡大)