「肉タオル」1800円。精肉店で使われる竹皮をイメージした紙に包んで出荷するこだわりぶりだ。(画像クリックで拡大)

 霜降り牛肉をイメージしたユニークなタオル「肉タオル」が人気を集めている。デザイン会社NN(東京都板橋区)が作ったこの肉タオル、肉好きの同社デザイナーが「肉を首にかけてたら面白いのでは」と思いついたことから生まれた商品。サイズは90×33センチと、小さめのスポーツタオル大。素材は綿。赤と白の糸で織り込み、霜降り牛肉の模様を再現した。

 まず8月に開催したサマーソニックなど、音楽フェスティバルの物販会場で販売したが、期待したほど売れなかった。9月からウェブ、10月からは一般店舗で販売を始めたところ、ユニークな商品であることからメディアに次々取り上げられるように。その後11月にミクシィやツイッターで話題になり、人気が爆発した。現在は初期ロット750枚を完売しており、次回の出荷は1月下旬を予定している。この人気を受け、肉タオルに合わせて着るTシャツもアパレルブランド「Lazy Bones」から12月7日に登場。コンロや鍋をデザインしたもので、肉タオルとセットにすることで“着る焼肉”“着るしゃぶしゃぶ”というファッションが楽しめるというもの。こちらのTシャツも発売を前にして予約だけで完売状態だ。

(文/生崎文彦=日経トレンディネット)