「辛そうで辛くない少し辛いラー油110g」(オープンプライス)。(画像クリックで拡大)

 8月に発売した「辛そうで辛くない少し辛いラー油」(桃屋)が売れている。なたね油、ごま油、ラー油に、フライドガーリックとフライドオニオンをたっぷりと加えたもの。料理にそのままかけて食べることができる。10月の出荷実績は累計で看板商品の「ごはんですよ!」に次いで2位だが、1位になる日も多く、「近年の新商品の中でも傑出したスタートダッシュ」(桃屋)と関係者も驚いている。

 桃屋では、「辛さ志向が強まっている」「調理の簡略化が進む一方、味に妥協しない」消費傾向に着目。「辛さをプラスするだけでなく、素材の美味しさを引き立てる、応用力のあるラー油」を目指して研究を重ねたという。豊かな香りと食感、旨みをプラスするフライドガーリックの開発に数年を費やし、独自性がありつつも万人に好まれる辛さ加減を求めて、ベースとなるラー油も自社抽出にこだわった。

 購入者の感想で最も多いのは「フライドガーリックとフライドオニオンが香ばしい」「見た目ほど辛くなく、そのまま食べられる」という驚き。麺類やサラダなどの調理に幅広く使えるが、テレビCM同様、白いご飯や冷奴などにそのままかけて食べるのもおすすめだという。

(文/桑原恵美子)