通販サイトでも、イメージモデルの梨花が着用した写真を掲載。ロゴプリント入りのロングTシャツは4935円、ローデニムのジャケットは1万1550円。(画像クリックで拡大)

女性ファッション誌で活躍中のスタイリスト風間ゆみえ氏がディレクターを務め、モデルの梨花がイメージキャラクターとなっている新ブランド「31 Sons de mode」(トランテアン・ソン・ドゥ・モード)が人気を集めている。2009年3月のブランドスタート時、ネットでは販売開始5分で完売する商品が続出。3900円のロゴ入りTシャツは、ショップとネットを含めて3週間で2000枚を販売した。31 Sons de modeは総合アパレルメーカーであるヒロタ(岐阜市玉姓町)のブランド。ファッション通販サイト「ガールズウォーカー」などを運営し、サイトと連動したイベントを開催するブランディング(東京都港区)がプロデュースを担当している。売れている理由は、有名スタイリストがディレクションしていることや、女性誌で多く取り上げられていて購買意欲を刺激していることが挙げられるが、注目したいのはその価格帯。デパートで買えるブランドでありながら、ワンピースは5000円台から、ジャケットも1万円を切る価格から販売している。デザインもOLをターゲットにしたいわゆるコンサバ系で、トレンド感がありながらも長く使えるベーシックなデザインがそろう。現在ショップは、東京2店舗、千葉1店舗の計3店舗のみの展開だが、今後関西・東海地方ほか、関東も含めて4~5店舗の新規オープンを予定している。さらなる人気が予想される。(文/北本祐子)