『スゴイ!もやしレシピ』780円。購入者の80%以上が女性。アンケートによる人気レシピベスト3は「もやしの一口カツ」「もやしのサラダ春巻き」「もやしのハンバーグ」。(画像クリックで拡大)

通常、3万部でヒットといわれる料理ムック本で9万部も売れ、現在もなお記録更新中なのが『スゴイ!もやしレシピ』(角川SSコミュニケーションズ)。同社発行の隔週刊誌『レタスクラブ』で人気コンテンツだったもやしメニューの中から、さらに厳選した72品のベストレシピを収録。安くておいしくてヘルシーなのはわかっていても、「炒めるくらいしか使いみちがない」「水が出やすい」というイメージを覆すレシピが人気を呼び、2008年3月末の発売から順調に売れ行きを伸ばしていた。そして景気悪化を受けて『レタスクラブ(11月25日号)』で「家計応援おかず」として改めてもやし特集を組んだところ、大好評で早々に完売。同時に「もっと多くのレシピを知りたい」とムックの売り上げもさらに伸びたという。ちなみに読者からは「メタボのお父さんにもカロリーダウン。家計も助かり、今のわが家に最高の本!」「経済危機を乗り越えられそう。たかがもやし、されどもやしです」などの声が寄せられているそうだ。現在8刷で9万部だが、同社では「まだまだ勢いが落ちない。すぐ10万部突破しそう」と期待している。(文/桑原恵美子)