ビジネスパーソンが注意するべき“病気”について、専門家に解説をしてもらう連載です。2015年9月23日に、タレントの北斗晶さんが公式ブログで乳がんになったことを告白しました。毎年検査を受けていても起きてしまう「見落とし症例」は、どれくらい起きているのでしょうか? 南相馬市立総合病院、尾崎章彦先生に解説していただきます。

毎年検査を受けていたのに発見が遅れた北斗晶さんの例

Photo:totallyPic / PIXTA(ピクスタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年9月23日、タレントの北斗晶さんが、乳がんになったことを告白しました。連日メディアで大きく取り上げられていたため、ご存知の方も多いでしょう。

 公式ブログによると、北斗さんは、毎年マンモグラフィーと超音波検査を受けていたといいます。そのため、たまたま気づいた右胸のしこりを、乳がんによるものとは考えなかったようです。ただ、徐々に右胸に痛みも出現したために外来を受診し、乳がんを指摘されました。彼女の乳がんは、2cmを超えるものになっており、残念ながら、リンパ節への転移を伴っていました。

 検診を受けていたにもかかわらず、どうして乳がんがあることを、それまで指摘されなかったのでしょうか? 

 実は、このような形で発見される乳がんは、医療者の間では「中間期乳がん」として知られています。しかし、なかなか一般には認知されていなかったこともあり、今回驚きをもって受け止められたようです。今回は、この中間期乳がんの特徴について、見てみたいと思います。