米国発のドーナツ文化は、専門チェーン「ミスタードーナツ」などの拡大とともにすっかり日本に定着。今やコンビニにまで広がっている(関連記事:「セブンが巻き起こす「ドーナツ戦争」とは? 2015年コンビニ・外食トレンド」)。

 一方、アップルパイ専門店「グラニースミス」や焼きたてパイ専門店「リトル・パイ・ファクトリー」など、パイ専門店の人気もじわじわ高まってきた。そんななか、世界で約60店舗を展開するオーストラリア発祥のパイ専門店「パイフェイス」が、日本に初上陸するのだ。

 日本での展開を手がけるのは、1970年からミスタードーナツを展開してきたダスキン(大阪府吹田市)。2015年10月27日には商業施設「ラゾーナ川崎」にテイクアウト専門店を、11月19日には渋谷のショッピングセンター「渋谷モディ」にイートインスペースのあるフラッグシップショップをオープンさせる。

 「日本では大手菓子メーカーのパイ菓子が定番となっているため、パイ=甘い菓子と限定的に捉えられがち。ステーキ肉などを使用し、食事代わりにもなるセイボリーパイ(総菜パイ) がメインの『パイフェイス』の登場は、日本には今までになかった新しいパイの文化をもたらすはず」(ダスキン パイフェイス展開プロジェクトリーダーの根本誠之氏)という。

 「オーストラリアでパイといえばミートパイであり、米国人が野球観戦時にホットドッグが欠かせないように、オージーはラグビー観戦のお供にミートパイを食べるのが定番」(駐日オーストラリア大使館のジュリアン・メリマン参事官)。とはいえ、筆者は総菜パイはデリなどでごくたまに買う程度で、リピートしたいほど魅力的な商品に出会った記憶がない。「日本人のパイのイメージを変えたい」(同社)というほどのパイとは、いったいどんなものか。それを探るべく、オーストラリア大使館で行われた試食会に参加した。

オーストラリア発祥のパイ専門店「パイフェイス」のパイは、丸いパイの上に描いた顔が特徴。目と口が、パイの具材の頭文字を表している
[画像のクリックで拡大表示]
パッケージも「顔」を全面に出している
[画像のクリックで拡大表示]
オーストラリア国内で47店、7か国で約60店を展開している(2015年9月末現在)
[画像のクリックで拡大表示]
2015年10月27日オープン予定のテイクアウト専門店「パイフェイス ラゾーナ川崎プラザショップ」(川崎市幸区)。営業時間は10~21時
[画像のクリックで拡大表示]
2015年11月19日オープン予定の、イートインスペースのあるフラッグシップショップ「パイフェイス 渋谷モディショップ店」(東京都渋谷区神南 1-21-3 渋谷モディ 1階)。営業時間は9時~22時。席数28席]
[画像のクリックで拡大表示]