東京・秋葉原のランドマーク的商業施設「ヨドバシAkiba」8階のレストランフロアが2015年10月2日、「ワイワイグルメ ヨドバシAkiba」としてリニューアルオープンした。

 第1期にオープンしたのは、東京初出店の人気ラーメン店や新業態の牛たん専門店など13店舗。11月20日には第2期の17店舗がオープンする予定で、計30店舗が軒を連ねるレストラン街として生まれ変わる。

 フロア面積は約4000平方メートルで、秋葉原エリア最大規模。今回のリニューアルでは、渋谷ヒカリエのレストランフロアやパレスホテル東京の飲食施設、「グランツリー小杉」「ログロード代官山」など話題の商業施設のプロデュースを手がけた柴田陽子事務所を総合監修に起用。フロアのネーミングからロゴデザイン、空間デザイン、店舗ラインアップまで一新し、秋葉原グルメの新名所を目指す。さらに客席数も見直し、「出店テナントにはお客様を待たせないオペレーションと回転率アップを要請した」(ヨドバシ建物の担当者)という。

 ヨドバシAkibaは2005年9月開業。家電量販店「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」を中心に、7階専門店フロアには「タワーレコード」や書店「有隣堂」、紳士服専門店「ザ・スーツ・カンパニー」などのテナントが入居する。開業以来、近隣で働くサラリーマンや40代以上の男性客を中心に支持され、平日で約10万人、休日には約13万人が来店するという。「平日は6割が男性客で週末は若いファミリー層が多い。ただ、これまで女性客の取り込みに力を入れてこなかった。今回は食に関心の高いカップルや子供連れ、女性グループを意識した施設づくりに取り組んだ」(同)。

 さらに、最近はインバウンド(訪日外国人観光客)が急増。同店でも免税品の売り上げ比率は3割に上るという。外国人観光客は2020年に向けて確実に増え続けることから、メニューは3カ国語表記で統一。秋葉原は外国人にとっても都内屈指の人気観光スポットで、その高い集客力にテナントからは大きな期待が寄せられている。

白とグレーに黒のアクセントを効かせた、おしゃれで清潔感のあるダイニング空間に生まれ変わった「ヨドバシAkiba」のレストランフロア
[画像のクリックで拡大表示]
従来からのビジネスパーソン向けに新設した居酒屋ゾーン「ヨドバシヨコチョー」
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
女性や若いファミリー客の獲得を狙い、開放感のあるミニフードコートも新たに導入。オープンキッチンを備えたライブ感のある空間でさまざまな味を楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]