いまや“食のトレンド発信地”となった原宿。それを象徴するような商業施設「カスケード原宿」が2015年10月3日、原宿駅前から徒歩1分の場所にオープンする。

 事業主はオフィスビルなどの不動産業などを営むボルテックス(東京都新宿区)で、UDS(東京都渋谷区)が企画・開発を担当。開発コンセプトは「URBAN ESCAPE」。都会で働き、遊ぶ大人たちが集いたくなるような、原宿・青山エリアならではのエッジのきいた場所を目指すという。

 テナントのラインアップを見ると、たしかに“エッジがきいている”店ばかり。まず7店舗中、3店舗が日本初上陸の人気店。2階には英国ロンドンで1日に1万5000個も売れているというカップケーキの専門店「ローラズ・カップケーキ(LOLA'S CUPCAKE)」がオープン。行列の習慣がないイタリアで行列の絶えない「スポンティーニ(SPONTINI)」も10月30日オープン予定だ。台湾・中国を中心に世界で650店舗を展開している人気カフェチェーン「フレッシュティー(freshtea)」「ハッピーレモン(happylemon)」も初上陸し、1階に新業態店「彩茶房(さいさぼう)」をオープンさせる。

 1階と地下1階の2フロアにまたがるのは、施設内最大の面積を占める本格メキシコ料理店「ラス ドス カラス- モダンメキシカーノ イ タコス(LAS DOS CARAS-MODERN MEXICANO Y TACOS)」。さらに米国各地の名物ハンバーガーが楽しめる「アメリカン ハウス バーアンドグリル(American House Bar&Grill)」、スペイン料理も経験したシェフによる“新イタリアン”料理店「ハラジュク ダッチ(Harajuku DACCI)」、原宿店限定「日本一のサーロイン・ユッケ」が名物の焼肉店「原宿焼肉キンタン(KINTAN)」など、どれも個性的な店ばかりだ。

 飲食店のラインアップを聞いただけで興味がわくが、実際にはどんな料理が提供されるのか。いち早く足を運んだ。

[画像のクリックで拡大表示]
「カスケード原宿」(渋谷区神宮前1-10-37)。敷地面積は818.85平米、建築面積は508.07平米、延床面積1695.59平米。地上3階地下1階(3階は事務所)。敷地や施設の外と内を自然につなぐことをテーマに、テラスと植栽が幾重にも重なる開放的な空間を作り出している
[画像のクリックで拡大表示]
ロンドンで大人気のカップケーキ専門店「ローラズ・カップケーキ」が日本初出店。色とりどりのフレーバーは常時15種類あり、東京オリジナルのフレーバーも4種類用意。営業時間は11~20時
[画像のクリックで拡大表示]
台湾で650店舗も展開している人気カフェが、台湾茶カフェの「彩茶房」という初業態で出店
[画像のクリックで拡大表示]
イタリア本国でも行列の絶えない人気のピッツェリア「SPONTINI(スポンティーニ)」も日本初上陸。10月30日からオープン
[画像のクリックで拡大表示]
1階と地下1階の2フロアにまたがる「ラス ドス カラス- モダンメキシカーノ イ タコス」は同施設内で最
[画像のクリックで拡大表示]
1階「アメリカン ハウス バーアンドグリル」。営業時間は11~24時、席数は60。米国内各地のご当地バーガー(1490円~1706円)などをそろえる。17時以降には連日、プロシンガーのライブがある(チャージ無料)
[画像のクリックで拡大表示]
2階にある「ハラジュク ダッチ」は大手飲食会社で多くの新店を立ち上げてきた足達義紀シェフが、スペイン料理の経験や自身の出身地である大分の素材などを生かしたイタリアンを展開する店
[画像のクリックで拡大表示]