ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏が、デジカメの写真をWi-Fiで転送できるSDカード「Eyefi」の最新モデル「Mobi Pro」をチェックした。RAWで撮った写真もスマホに転送できるようになったが、その使い勝手はいかに?

 今回は、Wi-Fi SDカード「Eyefi(アイファイ)」の新しいブランド「Mobi Pro」を紹介しよう。Eyefiはずいぶん前からある製品なのでしばらくチェックしていなかったが、驚くほど進化していた。

 Eyefiの仕組みは簡単で、コンパクトデジタルカメラにWi-Fi内蔵のSDカードを挿入すると、カメラがWi-Fiの親機になり、パソコンやスマートフォンに画像データを転送できる。ケーブルで接続したり、カードを入れ替えなくても済むから手軽だ。

 ところが、最近はお手軽なコンデジの人気は下降気味。ちょっとした写真ならスマートフォンで撮れば済むので「どうせデジカメを持ち歩くなら、ミラーレスや一眼レフがいい」と考える人が多いのだろう。またせっかくミラーレスや一眼を使うなら、RAWで撮影したいと思うはずだ。Eyefiの最新モデルは、スマートフォンに対応しているのはもちろん、従来のJPEGに加え、RAWデータの転送にも対応したのが新しいところ。

 お借りしたカードをさっそく使ってみたのだが、何も考えずに設定していくとちょっと戸惑う。これまで使っていた「EyeFi」のアプリが利用できないのだ。なぜかデータが転送できないので調べてみたら、アプリも専用の「Eyefi Mobi」を利用する仕様に変わっていた。ちなみに以前の「EyeFi」は、新しいアプリをインストールする時点でアンインストールすることになる。

「Mobi Pro」の見た目は普通のSDカードと同じ
[画像のクリックで拡大表示]
EyeFiアプリはアンインストールが必要になる
[画像のクリックで拡大表示]