あなたはモノレールという乗り物に、どんな印象を持っているだろうか。関東圏に住んでいれば、JR東日本の浜松町駅と羽田空港を結ぶ東京モノレールに乗った経験のある人は多いだろう。都心から離れるたところでは、JR東日本の立川駅を通り多摩丘陵を縫うように走る多摩都市モノレールや、千葉市を走る千葉都市モノレールを思い出す方もいるはずだ。関西なら、大阪府豊中市と池田市、兵庫県伊丹市にまたがる大阪国際空港から、大阪の中心部を囲むようにしながら門真市まで延びている大阪モノレールは身近な存在である。

道路の上を走る多摩都市モノレール
[画像のクリックで拡大表示]

 実は日本には、モノレールの営業路線が10路線もある。全国各地にモノレールの営業路線があるという意味では、日本は世界有数のモノレール大国なのである。

 しかもここにきて、路線はさらに延びそうな情勢になっている。2015年7月10日に東京都都市整備局は「広域交通ネットワーク計画について」という文書を公表し、今後の東京の交通網整備計画を公表した。この中に、多摩都市モノレールを町田方面と箱根ケ崎方面(東京都西多摩郡瑞穂町)の両方に延伸する構想が盛り込まれた。

 大阪モノレールについても現在の終点である門真市駅から南に9kmほど延伸する検討が進んでおり、今年度中に具体的な事業化が決まりそうな勢いである。さらに、沖縄の那覇空港から那覇市市街地を結ぶ沖縄都市モノレールも、現在の終点である首里駅から4.1kmを延伸して沖縄自動車道と接続し、沖縄本島北部への交通の便を改良する検討が進んでいる。

 なぜ、日本ではモノレールがこんなに“モテる”のだろうか。今回はこれを考えていこう。