原宿で最先端ファッションを定点観測するFashionsnap.comが、街角でしか分からない最新トレンドをリポート! 今回は2015年7月の注目スタイルからこの夏のトレンドを分析します。

 7月の原宿ストリートでは、海外ファストファッションブランドに代わり、古着アイテムを着こなす人が男女ともに増えてきました。もしかしたら古着ブームが起こるかもしれませんね。

ジオメトリック柄ユーズドシャツ

 秋にかけて古着らしいトップスがブームになりそうな予感。7月にFashionsnap.comで掲載した都内スナップのうち、6人がジオメトリック(幾何学)柄のシャツやジャケットを着用していました。そのうち半分は古着。ユーズドアイテムの人気は確実に高まっているようです。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

薄デニムのセットアップ

 今月の原宿女子に目立ったスタイルがデニムのセットアップ。ボトムスはスカートやパンツを問いませんが、共通点はブリーチされた薄い色。写真の女性のように、裾にかけて広がりがあるベルボトムは“ネクストブーム予備軍”とも注目されています。デニム人気はまだ続きそうです。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]