大手キャリアが相次いで「LTE-Advanced」の導入を進めたことで、真の「4G」ネットワークが一般的なものとなってきた。だが通信業界内では、早くも次の世代となる「5G」に向けた動きが進んでいる。東京五輪が開催される2020年に5Gの商用サービス提供実現を目指すNTTドコモの取り組みを追ってみよう。

容量はLTEの1000倍、「5G」は東京五輪に間に合うか

 2020年の開催に向け、準備が進められている東京五輪。携帯電話・モバイル業界でも、2020年を目指し大きな動きを見せつつあるものがある。5Gだ。

 5Gとは、簡単に言えば、現在スマートフォンで主流となっている「LTE-Advanced」の次の世代となる通信方式。最大通信速度10Gbps、LTEと比べ1000倍の通信容量を実現するなど一層の高速化・大容量化に加え、低遅延、IoT(モノのインターネット)時代に向けた同時接続数の拡大など、LTE-Advancedよりも大幅な性能向上を目指し、世界各地でさまざまな取り組みが進められている。

 一方、日本で、5Gに積極的に取り組んでいるのがNTTドコモだ。同社は3G、4Gでも技術の確立や標準化などで大きな影響力を示しているが、5Gでも、技術確立や通信技術の標準化団体である「3GPP」での技術標準化作業に向け、積極的に取り組んでいる。目標は2020年の商用サービスの実現だ。

 携帯電話の通信技術は約10年おきに新しい技術開発が進められていることから、NTTドコモが5Gの2020年の商用化を目指しているのは、東京五輪とは直接は関係がない。しかし、東京五輪で最新技術を導入したサービスを提供すれば、日本の技術力を世界に強くアピールできるだけに、2020年の実現は大きな意味がある。

NTTドコモが5Gで目指すとしている目標性能。最大10Gbpsの通信速度やLTEの1000倍の大容量化などが掲げられている
[画像のクリックで拡大表示]
NTTドコモは4G、つまり現在のLTE-Advancedにおいても、初期から積極的に研究開発を進め、標準化でも大きな役割を果たした
[画像のクリックで拡大表示]