使用時の高さ約44cm、幅31cm、奥行き31.5cm。ピーチ、ブルーベリー、ショコラの3色展開。価格は3万6852円
[画像のクリックで拡大表示]
収納時は高さ約18cm、幅35cm、奥行き35cm
[画像のクリックで拡大表示]

 健康機器メーカーのフジ医療器(大阪府大阪市)が2015年4月16日に発売した「マシュア フットエアーマッサージャーF」が女性誌を中心に多数のメディアで取り上げられている。

 左右各7個ずつ、計14個のエアーバッグが器具の内部に設置されており、ひざ下に巻き付けて使用する。ふくらはぎの場合は内側、外側、中央部分の3カ所など、エアーバッグを細かく分けて配置することで「手でもみ上げるようなマッサージになるように」(フジ医療器)、また、ブーツのようにつま先までエアーバッグでおおうことで、脚のむくみに対応きるようにしたという。

 これまでフジ医療器は性別を問わず幅広い年代に使えるマッサージ機を開発、販売していたが、主な購買層は50代以上のファミリー層だった。今回、新たな層を獲得すべく、女性向け製品のブランド「マシュア」を立ち上げ、第一弾として発売したのが本製品だ。女性が1人で扱うことを想定し、本体の重さを約2.3kgと軽量化。2015年5月に同社が発売した小型マッサージャーが約7.0kgなので3分の1の軽さだ。また本製品は収納時もインテリアの一部になるよう「マシュマロをイメージした」(フジ医療器担当者)というクッション風のケースを採用した。

 購買層の中心は30代から40代の女性だが、プレゼント用として購入する男性も多いそうだ。同社オンラインショップやカタログ、テレビなどの通信販売で購入できる。

(文/樋口 可奈子)