重量約25g、ケーブルの長さは1\.2m。ゴールドとシルバーの2色展開。1万9500円。2015年7月以降価格改定の可能性あり(画像クリックで拡大)

 JAPANイヤホン製造(愛知県新城市)が2015年4月18日に発売したイヤホン「JAPAEAR(ジャパイヤー)JE-333」が音楽愛好家の間で注目を集めている。発売から1カ月半で年間販売目標数を売り上げ、小売店からの引き合いも増えているそうだ。

 同社社長が、十数年にわたって手がけてきたヘッドホン製造経験を活かして開発した。組み立てはすべて従業員の手作業で、1台完成するまでに約4日かかるという。出荷前の製品はすべて社長が「耳で聴いて検査し、納得がいかない音質のものは販売しない」(JAPANイヤホン製造担当者)そうだ。ヘッドホンよりも日本人に身近な、イヤホンで高音質な製品を作ることを目指したそうで、購入者からは「高音が突き抜けていて低音がこもらず、バランスがよい」「まるでヘッドホンで聴いているかのような臨場感がある」といった声が寄せられているという。

 今後は低音をより重視した新商品を販売予定とのこと。取り扱い店舗はJAPANイヤホン製造のホームページで確認できる。

(文/樋口 可奈子)

関連リンク