自分が交通の安全を守るという意識の確立が必要だったのでは?

 自転車をより便利な乗り物として社会に定着させるにあたって今回の改正が最適な方法だったとは、私には思えない。本来的に自転車は、自動車やバイクなどよりも気軽に乗れる乗り物だ。気軽に乗れる乗り物には、その性質に応じた交通ルールの定着方法があってしかるべきである。それは、規制する側が運用しやすい罰則制度ではなく、大規模かつ長期間のキャンペーンによる「モラルとしての法」の徹底ではなかっただろうか。「私たちの交通の安全は、私たち自身で守る」という意識の確立が、まず必要だったと思うのである。

 そうした方法を経ずに、「3年間で2回注意を受けたものは講習を受ける」、「講習には5700円を納めなくてはならない」という制度からスタートしてしまったことが、規制が新たな利権の可能性を生んだだけという印象も与えかねない。免許のある自動車やバイクといった乗り物、そしてパチンコなどなど……許認可のあるところには常に利権がつきまとう。

 とはいえ、すでに法は施行されたので、法治国家に生きる我々は法を守って自転車に乗る必要がある。とすると、次に考えるべきは「この仕組みの中で、自転車をより便利に使うにはどうしたらいいか」ということだ。

 私は、路上の交通実態に即した規制緩和が必要だと考える。道路交通法を読むと、なるほど隙なく構築されているが、路上の実態に即していないと思える部分もいくつか見つかる。その部分を改正し、規制を緩和することで、自転車を使いやすくしていくべきだ。

 具体的には、私は以下の3項目で規制を緩和すべきと考えている。

1)左折専用レーンがある場合の、直進する自転車の使用するレーン

 現在は、左折専用レーンを直進せよということになっている。しかし、基本的に車道左側を走る自転車が、そのまま左折専用レーンの左側に入って直進しようとすると、左折しようとする自動車とぶつかることになる。ここは左折専用レーン右側、さらには、直進レーンを使うことを認めるべきだ。自動車との速度差はあるものの、自動車の流れに沿っているときや、赤信号で自動車の流れが止まっているときに、自転車で直進レーンに入ることはさほど難しくはない。

2)一時停止標識のある交差点の通行方法

 今回の規制14項目の中に、自動車並みの一時停止の遵守が入った。しかし、自転車は走っているときはさほど力を入れて漕ぐ必要はない半面、停止状態から走り始める際には強い力で漕がねばならないという性質がある。自転車の信号無視も突き詰めれば「一度止まると走り出すのが面倒」という心理から起こるものである。また、自転車は自動車やバイクなどより巡航速度も発進加速度も小さい。さらには基本的に車道左側を走行するので、交差点での左折でも大きく一気に車道にはみ出すことはない。

 これらの特性を考えると、一律に一時停止を遵守させるのではなく、自転車に関しては徐行通過を認めるべきではないだろうか。

3)三叉路における直進

 直進道路に対して別の道路が直角に突き当たる三叉路に信号がある場合、現状では自転車も停止することになっている。しかし道路が突き当たるのと反対側の路側帯は連続している。また自転車は幅が狭く、自動車やバイクにくらべて速度も低い。自転車専用のレーンがあるなどの条件をつけた上で、赤信号時も停止せずに通過できるようにするべきではないだろうか。

 異論のある方も多いだろうし、私の考えが足りていない可能性もある。もっと別の部分で規制緩和すべきというアイデアをお持ちの方もいるだろう。ここで提示したのは私個人が考えた事例でしかないので、これから「より自転車が使いやすくなり、安全性を損なわない規制緩和」について幅広く考えてもらえるとうれしい。

(文/松浦 晋也=科学ジャーナリスト、ノンフィクション作家)

プロフィール

松浦 晋也(まつうら しんや)

 ノンフィクション・ライター/科学技術ジャーナリスト。宇宙作家クラブ会員。 1962年東京都出身。日経BP社の記者として、1988年~1992年に宇宙開発の取材に従事。その他メカニカル・エンジニアリング、パソコン、通信・放送分野などの取材経験を経た後フリーランスに。宇宙開発、情報・通信、科学技術などの分野で執筆活動を続けている。

 代表作は、日本初の火星探査機「のぞみ」の苦闘を追った「恐るべき旅路」(2005年朝日ソノラマ刊、現在は復刊ドットコム刊)。近著に「はやぶさ2の真実」(講談社現代新書:2014年11月刊)「小惑星探査機『はやぶさ2』の挑戦」(日経BP社:2014年12月刊)

 乗り物マニアで、折り畳み自転車4台にシクロクロス1台、ママチャリ1台、リカンベント2台、オートバイ2台と自動車1台を所有。パラグライダーで空を飛んでいたこともある。

 ブログ:松浦晋也のL/D、Twitter:@ShinyaMatsuura