建て替えのため、2013年から仮店舗での営業を続けていた銀座・伊東屋の新店舗がついに完成。創業111周年を迎える伊東屋が創業した日でもある6月16日にグランドオープンする。

 「銀座らしさを向上させ、『ここが自分の場所』と思える、心地良い場所と空間をお客様に提供することが新たな使命」と伊東屋の伊藤明社長は抱負を語る。

銀座のど真ん中に野菜工場!?

 その具体的な形として各フロアごとにテーマを設け、文房具を中心にしつつ、「働く」ことをサポートする提案を行っている。ここでいう「働く」とはビジネスだけではなく、家事など生活の活動全体が含まれるという。それらを楽しむ人々に向け、文房具や道具だけでなく、「食べる」「移動する」といったことに関する商品も扱う。

 特徴的なのは、11階の「FARM」と名付けられたフロア。ここは、何と野菜工場だ。ステンレスビルと呼ぶ旧本店の窓枠を使ったウィンドウ越しに見えるのは、水耕栽培の野菜。フリルレタスを中心に、ルッコラ、ケール、ミントが完全無農薬で栽培され、収穫された野菜は最上階である12階のカフェ&レストラン「Cafe Stylo(カフェ スティロ)」で提供される。銀座で作られた野菜を銀座で食す、銀座に根ざした伊東屋の新しい姿勢だ。

 Cafe Styloは8時から22時まで営業するアメリカンスタイルのカフェ&レストラン。店名のStyloはフランス語でペンを意味し、「働く人を身体の中からサポートする」がコンセプトだ。「エッグベネディクト」などの米国の定番朝食やパスタ、ウルグアイ産牛肉を使ったビーフステーキなど、朝食からディナーまで幅広いメニューを提供する。この二つのフロアを見ても、いわゆる文具店ではない、何か新しいスポットを目指していることが伺える。

新しくなった伊東屋。銀座通り沿いの看板と大きな赤いクリップは健在だ
[画像のクリックで拡大表示]
「『ここが自分の場所』と思える、心地良い場所と空間をお客様に提供することが新たな使命」と語る、伊東屋の伊藤明社長
[画像のクリックで拡大表示]
11階の「FARM」。この金属製の窓枠は旧伊東屋ビルで使われていたもの。野菜が育つ様子も見てほしいという
[画像のクリックで拡大表示]
フリルレタスを中心に、1日に7~8Kgを収穫し、12階のカフェ&レストランで使う。銀座の地産地消だ
[画像のクリックで拡大表示]
12階のカフェ&レストラン「Cafe Stylo(カフェ スティロ)」。営業時間は8時~22時(ラストオーダー21時)。全面ガラスの窓で、自然光が入る穏やかな空間
[画像のクリックで拡大表示]
エレベーターホールから入り口に向かう通路からはキッチンが見える
[画像のクリックで拡大表示]