暑い日につるっと食べたい冷やし麺。素早く手軽に食べられることもあり、昼食に利用する人も多いだろう。喉ごしが良く食べやすいので、夏バテで食欲がないときにも最適だ。最近はラーメン、うどん、そば、冷麺などバリエーションが豊富なのもうれしい。そんな冷やし麺が、本格的な夏を目前にコンビニの棚に出そろった。

 この冷やし麺、一体どこのコンビニが一番おいしいのだろうか? そこで今月は、人気の高い冷やし中華、冷やしたぬきうどん、冷やし担々麺の実食テストを敢行! 今回は冷やし中華対決のスープ編をお届けする。

[画像のクリックで拡大表示]

スープは見た目に大きな違いはない

 今回のコンビニ食品実食テストは、冷やし麺の定番中の定番である冷やし中華をお届けする。大手コンビニ3社の冷やし中華を買い集め、味香り戦略研究所による味覚分析と、食のプロによる実食テストでおいしさを徹底比較した。夏の風物詩ともいえる冷やし中華で、一番おいしいのはどこのコンビニだろうか?

 実食するのは以下の3商品。

●セブン-イレブン「ツルッとのど越し!彩り冷し中華」(426円)
●ローソン「直火焼チャーシューの冷し中華」(426円)
●ファミリーマート「冷し中華」(426円)

 冷やし中華は定番料理ゆえに、入る具材がある程度決まっている。チャーシュー、ゆで玉子、錦糸玉子、きゅうり、もやし、紅生姜の6種類は、3商品すべてに共通して見られる。それ以外に、セブン-イレブンのものにはわかめ、ファミリーマートのものには蒸し鶏が入っているのが特徴だ。

 具材のメインとなるチャーシューに力を入れているがローソンで、商品名に直火焼とあることから香ばしく仕上げていることが予想できる。ひと切れの大きさも3商品で一番大きく、量も一番多いようだ。また、セブン-イレブンのチャーシューは、一般的な冷やし中華に入っているハムのような細切りであることも記しておく。

 また、パッケージの文字を見ると、セブン-イレブンとローソンは麺にもこだわっていることが分かる。セブン-イレブンは喉ごしの良さをアピール。ローソンは味わい豊かな北海道産小麦粉のたまご麺を使用している。

 スープに関しては、色の濃さなど見た目に大きな違いはないようだ。ちなみに3商品の価格もまったく同じで税込み460円。

セブン-イレブン
「ツルッとのど越し!彩り冷し中華」
具材はチャーシュー、半熟ゆで玉子、錦糸玉子、きゅうり、わかめナムル、紅生姜、きくらげもやし和え。濃厚な鶏ガラスープに醤油と数種類の酢を合わせ、まろやかな味わいに仕上げている。税込み価格460円
[画像のクリックで拡大表示]
ローソン
「直火焼チャーシューの冷し中華」
北海道産小麦「きたほなみ」と「ヨード卵」を合わせたたまご麺を使用。スープに鶏ガラとレモン果汁を加え、後味さっぱりに仕上げている。具材は直火で焼き上げたチャーシューなど6種類。税込み価格460円
[画像のクリックで拡大表示]
ファミリーマート
「冷し中華」
具材はチャーシュー、ゆで玉子、きゅうり、錦糸玉子、紅生姜に加え、蒸し鶏が入っているのが特徴。鶏ガラスープの旨味が利いたスープには黒酢が加えられている。税込み価格460円
[画像のクリックで拡大表示]

 これら具材の違いが味にどのような影響を及ぼすのか? それともスープや麺の味がおいしさを決定するのか? 早速、味覚分析や実食テストの結果を見ていこう。今回は前編として、スープを中心に評価していく。