写真家の三井公一氏に注目の最新デジカメをいち早く試してもらい、撮って出しの実写画像を紹介する連載。今回はちょっと趣向を変えて、サムスン電子の最新Androidスマートフォン「Galaxy S6/S6 edge」を取り上げてみたい。前後にガラスパネルを配した高級感のある外装と並ぶ特徴としてメーカーが押しているのがカメラ機能だ。開放F1.9の明るいレンズや光学式と電子式を併用した手ぶれ補正機構、4K動画撮影、被写体追尾AFなどを備えるうえ、カメラ機能の起動はわずか0.7秒で済むなど、高級コンパクトも驚きの内容だ。

 サムスン電子の「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6」は、カメラ機能の高さを訴求している最新Androidスマホだ。カメラ機能や画質に定評のあるアップルの「iPhone 6 Plus」やパナソニックの「LUMIX DMC-CM1」などの最新スマホを交え、実力を比較インプレッションしてみよう。

サムスン電子の最新Androidスマホ「Galaxy S6」(左)と「Galaxy S6 edge」(右)。両者はパネルの構造が異なるものの、カメラ機能をはじめとする基本性能は同等だ。NTTドコモは両方の機種を、KDDI(au)はGalaxy S6 edgeのみを取り扱う
[画像のクリックで拡大表示]
サムスン電子の「Galaxy S6 edge」(左)。アップルの「iPhone 6 Plus」(中央)とパナソニックの「LUMIX DMC-CM1」(右)で比較してみた
[画像のクリックで拡大表示]
▼3機種のスペック比較

 Galaxy S6 edgeを手に取ると、まず大きく鮮やかなスクリーンが目を引く。約577ppiという精細さを誇る2560×1440ドットの5.1型Super AMOLEDディスプレイはとても明るく、表示も見やすく感じた。日中でも視認性が高く、屋外での撮影時も不満を感じなかった。

 今回使用したGalaxy S6 edgeは、スクリーンの左右両端が曲面を描く“デュアルエッジスクリーン”になっており、端末を伏せていても誰から着信したのかなどが分かってとても便利だ。

Galaxy S6 edgeのパネルは左右の側面が曲面になっている
[画像のクリックで拡大表示]
Galaxy S6はオーソドックスなフラットタイプのパネルを採用する
[画像のクリックで拡大表示]

 だが、カメラとして使う際は、このデュアルエッジスクリーンが弱点となるケースがある。それは、撮影時のフレーミングだ。エッジがカーブしているため、この部分にかかる被写体が正面から確認しづらいのだ。特に、フレームのギリギリまで被写体を配置しようとする場合、ちょうど肝心なエリアがグニャリとしてしまう。これは、意外にもかなりのストレスとなった。撮影時だけでなく、再生時も同様である。もしカメラ機能を最重要視するのであれば、通常のフラットスクリーンを搭載する「Galaxy S6」をチョイスするのがベターかもしれない。

 撮影時の使用感はなかなかいい印象だ。ホームボタンのダブルクリックにより約0.7秒でカメラが起動するので、とっさのシャッターチャンスにも強い。これは、iPhoneやLUMIX CM1のカメラ起動より高速で、街中のスナップで重宝した。