2015年5月3日、東京・二子玉川の商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」(以下、テラスマーケット)内に、生活提案型家電店をうたう「二子玉川 蔦屋家電」(以下、蔦屋家電)がオープンした。

[画像のクリックで拡大表示]

 その名の通り、同店を手がけるのは「TSUTAYA」を展開するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)。同社は“本屋が作る街” をコンセプトにした複合商業施設「T-SITE」を代官山や湘南に展開しているが、今回のテーマは“ライフスタイルを買う家電店”。「ライフスタイルを強力に一変させる家電に目をつけた」(CCC)という。

 なぜ二子玉川で、しかも家電店なのか。同社によると、「この街に欲しい施設は何か」という質問に対し、代官山で1、2位となったのが「カフェ」「本」だったのに対し、二子玉川では「映画館」「家電量販店」だったそうだ(映画館はすでに同じテラスマーケット内にオープンしている)。

蔦屋家電は東京・二子玉川の商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」内に2フロアで出店
[画像のクリックで拡大表示]
同社によると、「この街に欲しい施設は何か」という質問に対する回答の1、2位が二子玉川では「映画館」「家電量販店」だったという
[画像のクリックで拡大表示]
蔦屋家電は2フロア構成で、3棟からなる代官山T-SITEの蔦屋書店がすっぽり入る大きさだという
[画像のクリックで拡大表示]