※本連載は『Pepperの衝撃!パーソナルロボットが変える社会とビジネス』(日経BP社)から抜粋して再構成したものです。

注目されるロボット産業

 2014年6月5日、ソフトバンクモバイルは世界初となる感情認識パーソナルロボット「Pepper」(ペッパー)を発表しました。Pepperは自らの判断で移動したり、人との会話ができるだけでなく、相手の感情を認識し、自律的に学習する人型ロボットです。身長は約120センチ、人間なら7歳児くらいの背丈です。しかも同社はそのロボットをいくつかのソフトバンクショップで実際に稼働させ、翌年2月から19万8000円で販売する計画があることも公表しました。早速、ソフトバンクのCMにはPepperが登場し、人なつっこい動作と声でロボットファンを魅了しました。こうしてPepperは一気に多くの人が知るメジャーな存在になりましたが、その一方で「なぜソフトバンクがロボットを売るの?」「ロボットって何ができるの?」「感情認識ってなに?」といったさまざまな疑問が浮かびます。

2014年6月5日の発表会で、ソフトバンクの孫正義氏から"Pepperは世界初の感情認識パーソナルロボット"として紹介された
[画像のクリックで拡大表示]

 実はソフトバンクグループ以外にも、多くの有名なIT企業やメーカーがロボット業界に興味を示し、既に取り組みを始めています。その一例が、グーグルやアマゾンなど、インターネットやスマートフォンで身近なIT企業です。グーグルは自動運転のロボットカーや人工知能に、アマゾンは自動運転の小型運搬用ヘリコプターのドローンに興味があり、具体的なサービスを開発しているというニュースが報道されています。グーグルはロボット開発会社を次々に買収し、アマゾンも倉庫の搬送作業を効率化する自律搬送ロボットを開発している企業を買収しています。Pepperの登場によって、より一層ロボットへの興味が湧いたため、これらのニュースの内容が気になり始めたという人も少なくないのではないでしょうか。

 なぜ、IT企業がロボットに注目しているのか。私たちの将来にロボットがどのように関わってくるのか。まずはいままで一般に話題になったロボットたちを見ていきましょう。

産業用ロボット

 既に実用化されている代表的なロボットの大半は、産業分野に見ることができます。いわゆる産業用ロボットで、これまでの導入・稼働の実績で見ると、日本企業がこの市場をリードしてきました。単純な繰り返し作業を人間の代わりに行ったり、緻密な作業を人間以上に正確に素早くこなす役割を持った、ファクトリー・オートメーション(FA)用のロボットです。

三菱電機の垂直多関節型産業用ロボット「MELFA」RV-Fシリーズ

サービスロボット

 次に、現在から近い将来に注目のロボットに目を向けてみます。日本では現在、アベノミクスの成長戦略を担う技術としてロボット分野が期待されています。前述のように、これまでの世界のロボット事業は、製造業を中心に工場や製作現場へのロボット導入が中心でしたが、これからは少子高齢化に伴って高齢者の増加と労働力の不足が予想されているため、介護現場等での作業負荷の軽減、警備やレスキュー、医療、清掃、受付、運搬など、サービス分野にも幅広くロボットが導入されることが見込まれています。このようなロボットは産業用ロボットと区別するために「サービスロボット」と呼ばれます。

 このようにサービスロボットの開発や製品化を期待する動きは、日本に限らず世界的に見られ、サービスロボットの基礎技術の開発が急速に進められています。

巡回警備ロボット。アルソックの「Reborg-Q」

『Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス』
(神崎洋治 著、日経BP社、定価1620円[税込み])

世界初の感情認識パーソナルロボットPepperとは――。ロボットビジネスの現状からソフトバンクのビジョン、Pepperの発表から発売までを振り返りながら、Pepperの特徴や仕様、技術、ビジネス等での活用、アプリ開発、AI(人工知能)などについて紹介する。


AMAZONで買う
楽天ブックスで買う
日経BP書店で買う