最近になって、あちこちの道路の車道の脇に、自転車専用レーンが開設されているのにお気づきだろうか。

 この自転車専用レーンの作り方には2種類ある。縁石などでクルマが走る部分と自転車用のそれを物理的に仕切る「構造分離」と、ペイントで色分けして自転車専用レーンを明示するだけの「視覚的分離」だ。ちょっと考えると、きっちりと仕切る構造分離のほうが安全そうに思えるが、このやりかたは自動車レーンと自転車レーンの融通が利かないので、それぞれをかなり幅広い道路として作る必要がある。

 自転車は、種類によって速度の差がかなり大きい乗り物だ。時速15kmで走るママチャリも、時速30kmのロードバイクも同じ自転車として、自転車専用レーンを走ることになる。となると、構造分離の自転車専用レーンは、自転車が自転車を追い抜くことを想定して幅を広くしなくてはならない。

 視覚分離は主にペイントだけなので整備コストは安く、構造分離タイプに比べて危険度がそんなに上がるわけでもない。自転車と自動車が、ペイントだけで区切られるので危なそうにも見えるのだが、自転車も自動車も同じ方向に向かって走るので、相対速度は小さくなる。また、人間は“目の動物”なので、ドライバーの意識として、視覚的にはっきり色分けされた自転車専用レーンには、なかなか入りにくいものだ。

 実際に自転車で走ってみると、きちんと作られた視覚分離の自転車専用レーンは、大変に快適である。歩道を走るよりもずっと速く、かつ安全に走ることができる。

 自転車は歩道を走ったほうが安全と思う方もいるかもしれないが、実のところそうでもない。歩道を走る自転車の事故の多くは、側道や信号のない交差点、道路沿いの駐車場などから、右左折の自動車がそろそろと顔を出したところに自転車がぶつかるという形で起きている。歩道を走る自転車と側道から右左折しようとする自動車は、お互いに相手が見えないのだ。

 車道脇の自転車専用レーンなら、右左折しようとする自動車は歩道部分に顔を出したところで、自転車の有無を確認することができる。

 ところが、ここで大きな問題が発生しつつある。


クルマとクルマ社会の未来が
見渡せるサイト「Car&Mobility」が始まりました。


「Car&Mobility」サイトでは、クルマをはじめとする交通・移動手段についての幅広い情報をお届けします。クルマの美しさや知的エピソードを語る連載「小沢コージのビューティフルカー」に加えて、新車発表会レポート、開発者インタビューなどクルマ好きの琴線に触れるコラムをたくさん用意してお待ちしております。