ビルが立ち並んでいる風景を写真に撮るとします。下から見上げて撮影すると、手前にある下層階が大きくなり、ビルの上の方が小さくなるなど、遠近感が出た“パース”がついてしまいます。パースがついた写真は、高さや奥行き感を表現できるので、必ずしも補正しなければならないわけではありませんが、いくつかの画像を合成する場合などには各々の画像のパースをある程度合わせる必要があります。

 今回は、「遠近法」の機能を使ってパースの垂直を矯正します。垂直を出した時の高さに注意しながら作業してください。

Before
建物を広角レンズで撮影した。かなり近距離だったのできつめにパースがついた
[画像のクリックで拡大表示]
After
「遠近法」機能を使用して垂直を矯正した画像
[画像のクリックで拡大表示]