ユーザー視点の辛口評価で知られる戸田覚氏が、iPadとWindowsタブレットとを使い比べて、両者の良い点・悪い点を明らかにしていく。まず、WindowsタブレットがiPadより優れている点だ。

 僕は、その日の仕事の内容によって、まるで日替わりのようにiPadと携帯ノートを持ち歩いている。一時はiPadを持ち出す機会が多かったのだが、最近はWindowsタブレットを持ち歩く日も増えている。また、出張には必ず両方を持っていくし、事務所で作業するときにも両者を頻繁に使い分けている。

 今回は、iPadとWindowsタブレットを長年使い続けて気付いた、Windowsタブレットの良い点と悪い点をチェックしていこう。これからiPadを買おうと考えている方の参考になれば幸いだ。すでに両方を使っている方には「私の使い方ではちょっと違う」と思われる点もあるかもしれないが、今回は、あくまでも「僕にとっての良しあし」をまとめていきたい。

 第1回は、WindowsタブレットがiPadより優れている点だ。携帯ノートやデスクトップなど、他のWindows端末に該当する部分も大いにあると思う。

【ポイント1】 WindowsとiOSのファイル管理、どちらが優れる?
【ポイント2】 iPadのシングルウィンドウとWindowsのマルチウィンドウ、どちらがいい?
【ポイント3】 iPadで使う静電容量式のスタイラスと、Windowsタブレットのデジタイザーを比べると?
今回は、iPadとWindowsを主にOSの面から比較してみる
[画像のクリックで拡大表示]