ニコンから、D7000番台の第3世代モデル「D7200」が登場した。新しい画像処理エンジン「EXPEED 4」を採用し、高速連続撮影ができるのが特徴だ。また、定評のある51点AFシステムが進化し、低照度下でも確実にピントを合わせることが可能になったことも見逃せない。

3月19日に販売を開始した高性能デジタル一眼レフカメラ「D7200」。実勢価格は、ボディー単体モデルが13万8000円前後、18-140 VR レンズキットが17万5000円前後、18-300 VR スーパーズームキットが20万8000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 日ごろ、フルサイズのデジタル一眼レフを使っていると、APS-CのDXフォーマットを採用するD7200がとても小さく感じる。キットモデルで用意される高倍率ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」を装着しても、かなり取り回しがいい。これなら、長時間の撮影でも疲れることがなさそうだ。上面と背面に軽く頑丈なマグネシウム合金を採用したボディーは防塵・防滴仕様で、D810やD750と同等の信頼性を得るために接合部にシーリングが施されている。

ニコンのデジタル一眼レフならではの操作性は健在

 実際に使ってみると、想像以上にスンナリ手になじんだ。熟成された操作体系を持つニコンのデジタル一眼レフならではの安心感である。シャッターボタンの同軸上に配置された回転式の電源スイッチなど、他のニコン機と同じ方法で即座に電源を入れて撮影できるところなど、別のニコン機と混在しても問題なく使える点はありがたい。ニコンの撮影に対する地道な信念が垣間見えるポイントといえる。ほかのメーカーだと、機種によって位置や形状が異なっている場合があり、混在して使うと戸惑うときがたまにあるからだ。

 比較的コンパクトなボディーはホールド性もよく、ライブビュー時でもしっかりと撮影できた。新機能も盛りだくさんで、DX機初の微速度撮影機能やマニュアルモード時の感度自動制御など、真剣に作品を撮る人にとって実用的なアップデートになっている。ビデオを撮る人にとっても、2つの画角モードやサウンドコントロール、外部機器に同時記録できるなど充実の機能になっている。

昔懐かしい商店街を散策してスナップ。気になったモノを瞬時に撮れる高速性能が魅力だ。起動もシャッターのタイムラグも短く、スポーツはもちろん全ての被写体に対して迅速に対応できるカメラだ(AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR使用、ISO100、1/125秒、F5.6)
[画像のクリックで拡大表示]
ローパスレス構造の有効画素数2416万画素CMOSセンサーはとてもきめ細かい描写見せる。野良猫の毛並みがとてもリアルだ(AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR使用、ISO2200、1/640秒、F5.0)
[画像のクリックで拡大表示]
荒波の港に停泊する大型船。強烈な反射光だが、的確なシーン認識で正確な露出となった。D7200は、あらゆる状況下でも安心して使えそうだ(AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR使用、ISO100、1/800秒、F6.3)
[画像のクリックで拡大表示]