2015年はJRPGでサプライズを提供する

――PS4とXbox One向けのソフトは、今年こそそろってくるという期待もあります。

松田氏: 足元では、『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』や『ファイナルファンタジー零式』などの大型タイトルがあります。2015年度は、かなりの数のハイエンド系ゲームを国内外で提供できると思っています。すでに発表している『ファイナルファンタジーXV』をはじめ、JRPG(日本式のRPG)の情報も出します。今年はちょっとしたサプライズがあるかと思います。

『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』
発売日:2015年2月26日
対応機種:プレイステーション4、プレイステーション3
価格:プレイステーション4版 8424円(税込み)、プレイステーション3版 7344円(税込み)(パッケージ版・ダウンロード版)
ジャンル:アクションRPG
(C) 2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
[画像のクリックで拡大表示]
『ファイナルファンタジー零式 HD』
発売日:2015 年3 月19 日予定
対応機種:プレイステーション4、Xbox One
価格:7344 円(税込み)
ジャンル:アクションRPG
(C) 2011,2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
[画像のクリックで拡大表示]
『ファイナルファンタジーXV』
発売日:未定
対応機種:プレイステーション4、Xbox One
価格:未定
ジャンル:RPG
(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
[画像のクリックで拡大表示]

――サプライズがあるんですか。

松田氏: 今は言えませんけど。家庭用ゲーム機向けJRPGですね。あと欧米のスタジオでは、「トゥームレイダー」の新作『RISE OF THE TOMB RAIDER』とか、『JUST CAUSE 3』などはかなり期待できる作品になると思います。今は、「E3」向けにいろいろ仕込んでいます。

『RISE OF THE TOMB RAIDER』
発売日:(北米・欧州)2015年ホリデーシーズン予定
対応機種:XboxOne
価格:未定
ジャンル:サバイバルアクション
(C) SQUARE ENIX, LTD, All Rights reserved .
[画像のクリックで拡大表示]
『JUST CAUSE 3』
発売日:(北米・欧州)2015年ホリデーシーズン予定
対応機種:プレイステーション4、Xbox One、Windows
価格:未定
ジャンル:アクション
(C) SQUARE ENIX, LTD, All Rights reserved .
[画像のクリックで拡大表示]

――東京ゲームショウでも見られそうですか。

松田氏: もちろん東京ゲームショウでもいろいろとお見せしたいと思っています。 今年はそれ以外にも、アーケードもPC向けタイトルも出していきます。特に、PCオンラインゲームは結構力を入れておりまして、家庭用ゲーム機への展開も考えています。中でも、「eスポーツ」のようなゲームや、スマホ向けゲームでもマルチプレーなどのライブ系ゲームに力をいれています。

 eスポーツといっても、プロが賞金をかけてやるコアなものもあれば、もっとゆるい感じのeスポーツもあります。弊社グループのヨーロッパのスタジオが提供している『Nosgoth』では、今、オープンβ版を運営していますが、欧米のユーザーに非常に評判がいいので、これからハードコアなeスポーツタイトルに育てていきたいと考えています。海外のプロチームにも注目してもらっているんですよ。

『Nosgoth』
発売日:2015年1月21日
対応機種:Windows
価格:アイテム課金型(基本プレイ無料)
ジャンル:オンラインシューティング
(C) 2015 SQUARE ENIX, LTD, All Rights reserved.
[画像のクリックで拡大表示]

 国内向けでは、アーケードゲームをPCオンラインゲームに展開する『ロードオブヴァーミリオン アリーナ』や『ガンスリンガーストラトス リローデッド』というタイトルがあります。これらをベースにして、観客と一緒にワイワイ盛り上がるような緩い感じの日本独自のeスポーツもあればいいな、と考えています。日本のプレーヤーに合うスタイルというのは、つまるところ日本人のライフスタイルに合わなければ普及しないですよね。モバイルデバイスは、こういったスタイルのゲームと親和性が高いかもしれませんね。

『ロードオブヴァーミリオン アリーナ』
発売日:2015年予定
対応機種:Windows
料金体系:アイテム課金型(基本プレイ無料)
ジャンル:マルチ対戦アクション
(C) 2014-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
[画像のクリックで拡大表示]
『ガンスリンガーストラトス リローデッド』
発売日:2015年予定
対応機種:Windows
料金体系:アイテム課金型(基本プレイ無料)
ジャンル:マルチ対戦型アクションシューティング
(C) 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved
[画像のクリックで拡大表示]

――日本独自のeスポーツというのは、ゲームセンター的なライブ感ということでしょうか。

松田氏: ゲームセンターには限りませんが、アーケードゲームはライブそのものだと思います。ただ、従来型のアーケードではなく、もうちょっと今風のアーケードというのはどういう形かというところを探っていくと、eスポーツと親和性があるんじゃないかと思います。まだまだ、やるべきことがあります。

――最後ですが、2015年の抱負を聞かせてください。

松田氏: ひとことで言うと、「ビックリ箱」――どれだけ驚きのある、面白いもの――が提供できるか、に尽きると思っています。「ビックリ箱」を継続的に出せる開発体制を維持したいですね。2015年は、HDゲームタイトルについて、日本の開発スタジオも、欧米の開発スタジオも、ラインアップがかなり増えますから、そこに注目いただきたいです。

――どうもありがとうございました。

(構成/伊藤哲郎=日経エンタテインメント!、渡辺一正=nikkeiBPnet、写真/稲垣純也)