今回のお題は、キヤノンの高性能デジタル一眼レフカメラ「EOS 7D Mark II」と16年ぶりにリニューアルした望遠ズームレンズ「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」だ。望遠レンズを装着して動体を追っているとき以外のEOS 7D Mark IIには、どこか居心地の悪さみたいなものがあるんじゃないかと勝手に心配している落合カメラマンだが、この組み合わせはとにかく最高!と手放しで評価しているのだ。

 EOS 7D Mark IIを扱った「爆速一眼レフ『EOS 7D Mark II』の甘くてホロ苦い手応えにクラクラ【前編】」の記事中で「EOS 7D Mark IIがサマになるのは望遠レンズを装着し動体を撮っているときだけっ!」などという趣旨のマコトに大胆な発言をいたしてしまった不肖ワタクシでありますが、その思いは未だに不変。「EOS 7D Mark IIはEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを快適に使うために生み出されたボディーなのである」という、ちょっと歪んでいるのかも知れない決めつけに関しても、とりあえず今のところ訂正する気はございませんすんません。

EOS 7D Mark IIに装着している望遠ズームレンズ「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」は、昨年末の発売後はしばらく入手困難になるほどの人気を集めた。実勢価格は27万円前後で、現在もやや品薄の状況が続いている
[画像のクリックで拡大表示]

 EOS 7D Mark IIとEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM。この魅惑的なコンビを使えば使うほど、ちょっとエキセントリックなのかもしれない我が思いは強くなる一方なのだ。極端なハナシ、誰かが瞬間接着剤で両者をくっつけちゃったとしても、表向きは涼しい顔をして笑っていられるぐらい、私にとってはドンピシャ納得の組み合わせなのである。

 「EOS 7D Mark II+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMに相当する機能を有したレンズ一体型のPowerShotが出たらウケるんじゃね?」

 ついにはそんなことを思ったりもして。EOS 7D Mark IIなみのAF性能が必須要件だとすると、現在までのところ一眼レフ以外の形態を採るのは難しいのではないかという気がするけれど、ゆくゆく登場するであろう“デュアルピクセルCMOS AFの派生技術”あたりを新規のミラーレスEOSとかPowerShot系に積むという英断を下し何とかしてくれるんじゃないかという期待もある。動画じゃなく「写真」を撮るために活用するコントラストAF、あるいは像面位相差AFの機能において、そろそろキヤノンがよい意味で「キレて」くれるんじゃないと勝手に思っているのだ。

 ほら、子どものころ、泣くと強いヤツっていたじゃん。あんな感じにならないかなぁ、みたいな(笑)。思えば、新たに送り出されるEOS 5Ds/EOS 5Ds Rって「泣くと強い子の半ギレ」風味、満載だよね。ああいうベクトルのトンガリ方、ホントたまんねぇッス。で、そんな感じでキレッキレに尖っている一眼レフの始まりがEOS 7D Mark IIだったとも思うワケで。でも、EOS 7D Mark IIには、半べそで腕をぶんぶん振り回しているんじゃなく、確信を持ってクールに研ぎ澄まされてきた感じが明確だ。そのクールなテイストをそのまま引き継いで登場するのは、EOS 5Ds/EOS 5Ds Rと多くの共通項を持って現れるのであろう準高速フルサイズ機“EOS 5D Mark IV”だと(多大なる個人的期待を込めて)予想しておきたい。次期EOS 5Dは、まさしく「フルサイズ版EOS 7D Mark II」という感じで、オールマイティさがさらに磨かれているチョ~魅力的なモデルになっているハズなのだ。