コンビニを代表する商品といえば、やはり弁当だ。ランチはもちろん、帰宅時に買って晩ご飯として食べる人も多いだろう。そんな弁当の中でも最近は、低温処理によって鮮度をキープした“チルド弁当”に各コンビニが力を入れている。チルドの特性を生かした丼物を中心に、豊富なバリエーションが展開されている。

 このチルド弁当、一体どこのコンビニが一番おいしいのだろうか? そこで今月は、人気の高い牛丼、カツ丼、麻婆丼の実食テストを敢行! 今回は牛丼対決の前編をお届けする。

[画像のクリックで拡大表示]

玉ねぎの量、大きさが若干異なる

 今回のコンビニ食品実食テストは、今や日本人の国民食として愛される牛丼の対決をお届けする。各コンビニのチルド弁当として販売されている牛丼を買い集め、味香り戦略研究所による味覚分析と、食のプロによる実食テストでおいしさを徹底比較。ランキングを決定する。今回は前編として、計4名の審査員のうち2名の実食テストの結果を紹介。人気No.1の丼モノで、一番おいしいのはどこのコンビニだろうか?

 実食するのは以下の3商品。

●セブン-イレブン「特製牛めし」(369円)
●ローソン「ろーそん亭 牛丼」(369円)
●サークルKサンクス「牛めし」(389円)

 3商品とも使用している具材は、牛バラ肉と玉ねぎのみと全く同じ。しかし、よく見るとセブン-イレブンは肉が多めで、玉ねぎは少ないが大きめにカットされていることが分かる。これは玉ねぎの食感を残すための工夫だろう。ローソンは玉ねぎ自体の量が多く、肉も玉ねぎもしっかり味わえる牛丼になっているようだ。サークルKサンクスの玉ねぎは小さめにカットされている。また、タレにとろみが付いていることも大きな特徴だ。

 チルド弁当の牛丼はご飯と具材が別々の容器に入っており、電子レンジで温めてから具材をご飯に載せる。食べる直前にご飯と具材を合わせるため、ご飯のおいしさをしっかり味わえるのもチルド弁当の魅力だ。そこで今回は、審査員たちにご飯のみの評価と、具材とご飯を合わせた総合評価でランキングしてもらった。

セブン-イレブン
「特製牛めし」
甘めに味付けした牛肉煮を使用。タレに牛骨スープを加え、まろやかに仕上げている。玉ねぎは大きめにカットされている。税込み価格398円。カロリー694kcal
[画像のクリックで拡大表示]
ローソン
「ろーそん亭 牛丼」
醤油、黒みりん、ワインを使用し、コクや旨味を出している。牛肉にもタレの味を染み込ませてある。税込み価格399円。カロリー710kcal
[画像のクリックで拡大表示]
サークルKサンクス
「牛めし」
牛バラ肉を使用。牛肉と玉ねぎを本醸造醤油をベースにして味付けし、ダシの旨味と上品な甘味を利かせている。税込み価格は420円。カロリー627kcal
[画像のクリックで拡大表示]

 牛肉と玉ねぎの割合、玉ねぎの大きさ、そしてタレのとろみは、ランキングにどのような影響を及ぼすのだろうか? それでは早速、味覚分析や実食テストの結果を見ていこう。